花凜芸術

芸術でありたい。

写真と日々の気持ち

七月 詩

f:id:red-pink16:20180305103556j:plain

 

愛しつづけて実らない

 

優しさに手を引かれて

鴉の舌先にふれて

水たまりは鏡の籠城

真夜中に歩いた

夢の途中の月光は

クラクション鳴らされた

車の酔いつぶれ

下で拝んだ手のひらを

唇で温めた昨日

 

生きていれば 良い事あるさと

保障しかねるほどの

愛しさを

どこに捨てて

忘れましょうか

愛し合えば

自由になるさと

教えられた

間違いじゃない

でも支えられない

愛は病

 

生きていけば 良い事あるさと

保障もできないほど

愛という病に

かかった罠を

もう見過ごせない

白いカタマリとなる

この遠い思いを

無駄ではないと

割り切れるのも

まだ少し先の

未来のようで

愛は病

 

痛みと後悔を

引き金に

弾け飛ぶ

金平糖

苦々しさと

同じ毒を

今浴びてます

 

愛しつづけて忘れてしまいたい

 

 

 

2018年7月28日(土)

写真の無断転載はお止めください